Loading…

“ 朝里橋 ループ美し 赤とんぼ ”

Posted by yanagiran on 30.2008 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :ループ橋

ループ橋 (朝里大橋) と ダム

ループ橋とダム 

 

豆リンゴと蔦も仲よく秋色に!

 

ハマナス、花一輪・・

豆リンゴとツタ 

ハマナス 

 

小樽ワイン工場

小樽ワイン工場

 

 9月27日(土)、町内会女性部主催、朝里川温泉日帰り旅行。時季外れの寒さもなんのその、女性部ともなると車中もオシャベリ、オシャベリ・・・。小樽ワイン工場見学し、真っ昼間からワインを試飲するも、「うーん、寒い、やはり温泉~」と朝里川温泉へ直行。皆、日々の主婦業から解放され、ゆったり、のんびりと幸せ気分に浸りました。
 ループ橋 (朝里大橋) は通称:朝里スカイループと言われ、1993年竣工、堤高74m、堤頂長390m、またダムによって出現した人造湖はオタルナイ湖です。

1クリックお願いします1クリックお願いします

大雪高原沼めぐり  No.5 大学沼 ・ 高原沼

Posted by yanagiran on 28.2008 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :大雪高原沼めぐり

大 学 沼

大学沼  

 

高原沼への途中、大学沼近辺の景色

大学沼 

 

高 原 沼

高原沼 

 

 大学沼水辺は高山植物が自生し夏は花、秋は草紅葉、又、高原沼は少し高度が上がり、緑岳、高根ヶ原と眺望を満喫できます。
 大雪高原沼めぐり一周コースはこの先、クマ出没危険地域のため、高原沼でUターンとなりました。往復約3時間のコースですが、10個の沼それぞれが行きと帰りでは日照や見る角度で異なった面を映し出してくれます。大自然と紅葉の高原沼めぐりは素晴らしく例年の楽しみの一つとなっています。先週から大雪旭岳も雪景色となり、北国の秋は一足飛びに冬へと向かいます。 

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

大雪高原沼めぐり  No.4 えぞ沼 ・ 式部沼

Posted by yanagiran on 26.2008 風景写真   0 comments   0 trackback
Tag :大雪高原沼めぐり

え ぞ 沼 (別名は三角沼)

えぞ沼 

 

式 部 沼

式部沼 

 

式部沼 

 

sawa.jpg kawaseseragi.jpg 

 

  大雪高原沼めぐりもこの辺り位から川の流れの音でクマ除けスズも効き目なくなるので要注意。もしヒグマに出会ったら、目をそらさず後ずさりと、うーん、驚きと恐怖で走り出すのでは・・。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

大雪高原沼めぐり  No.3. 湯の沼 ・ 鴨の沼

Posted by yanagiran on 24.2008 自然の写真   0 comments   0 trackback
Tag :大雪高原沼

湯 の 沼

湯の沼 

 

鴨 の 沼

鴨の沼 

ヤマハハコ

エゾオヤマリンドウ

ヤマハハコ エゾオヤマリンドウ 

 

 湯の沼近辺はイオウ臭がし、2、3年前は沼の中からブクブクとお湯が湧き出し、手を入れると暖かかったのですが、今年は泡も出ず冷たし・・? 鴨の沼は水鳥に出会えそうな雰囲気を醸し、大雪高原沼のひとつの小さめの沼です。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

大雪高原沼めぐり  No.2 滝見沼 ・ 緑の沼

Posted by yanagiran on 22.2008 風景写真   1 comments   0 trackback
Tag :大雪高原沼

滝 見 沼
滝見沼 

 

緑 の 沼

緑の沼

 

緑の沼

 

 大雪高原沼はおよそ30の沼が点在し、バスツアーは緑沼までが多いようです。緑の沼はナナカマド、ダケカンバの紅・黄葉と針葉樹の緑のコントラストが美しく、又、高根ヶ原から緑岳へと稜線の景観も気に入っています。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

大雪高原沼めぐり  No.1 土俵沼 ・ バショウ沼

Posted by yanagiran on 20.2008 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :大雪高原沼めぐり

  土 俵 沼

土俵沼  

 

 土俵沼  

  

バショウ沼

バショウ沼 

 

 バショウ沼

 

 9月18日、我が家の年中行事の一つ、大雪高原沼めぐりへ早朝出発。今年は8月に涼しい日が多く9月は暑くと、8月と9月の気候が逆転したような。そのためか紅葉にも異常が、ウラジロナナカマドは枯れたり落葉したり、かと思えば他の木々の紅葉が進まず・・。でも、綺麗でしたよ、入林届けをし、ゆっくり6㎞位を歩き熊に遭遇する事もなく、10個の沼、それぞれに趣きがあり、探勝順に掲載していく予定です。
 最初の土俵沼に到着。水中にはリンドウ科のミツガシワがあり、開花時はきっと沼の水とマッチして素敵だったでしょうね。バショウ沼は春先にミズバショウが咲く事から名がついたようです。今は沼辺に大きな大きな葉のみで清楚な水芭蕉の面影は窺い知れず、ただ中芯が来年の苞で覆われていました。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

“ 紅葉も 名月なれど とまどいし ”

Posted by yanagiran on 15.2008 日常の写真   0 comments   0 trackback
Tag :十五夜

中秋の名月

 

 十五夜の昨晩は雲ひとつなく、すっきりと晴れわたった満月、ウーン~。今宵は丁度、「雲と月」のコントラストが気に入り、撮ってみました。中秋の名月とはいえ、まだ気温も高く、紅葉すべき山々も戸惑ってる様子、人もかな・・・。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

Boys. be ambitious

Posted by yanagiran on 15.2008 風景写真   0 comments   0 trackback
Tag :クラーク博士

秋雲に映える農村

トウモロコシにトンボ 今は珍しい案山子 

 札幌市に隣接している緑豊かな北広島市は明治17年広島県人が移住、開墾し広島村が誕生。この広大な北の大地を前にクラーク博士が 「ボーイズ・ビー・アンビシャス=青年よ大志を懐け」と見送りの札幌農学校1期生達に残した言葉は有名です。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

“ 父母が 植えたテッセン 返り咲き ” 

Posted by yanagiran on 11.2008 押し花   0 comments   0 trackback
Tag :押し花

押し花

 

 押し花にした落ち着きのあるワイン色のテッセン、今は亡き父母が実家のを株分けし植栽して20数年、初夏に咲き、今、又咲いています。毎年、咲く毎にその頃を想い出し、親に感謝していますが、遅すぎですね・・。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

樽前山 (国立公園支笏湖 No.6)

Posted by yanagiran on 05.2008 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :樽前山

樽前山 
turi.jpg boto.jpg 

 「樽前山」は標高1,041mの世界でも珍しいお椀型の溶岩ドームで数ヵ所から噴煙が上がっています。以前、ご来光を仰ぐために支笏湖畔に泊まり、早朝に登ったのですが生憎お天気も悪く、まして下りは木がないため走り下りる状態で足がガクガクしたのを覚えています。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい

美笛の滝 (国立公園支笏湖 No.5)

Posted by yanagiran on 03.2008 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :美笛の滝

美笛の滝 

美笛川

 

 訪れる人も少なく、静かな原生林を約20分位歩くと、白糸の如く「美笛の滝」が現れました。雨後のためか、50m以上の高さからしぶきが跳ね流れ落ち、絶景と涼しさに感嘆! 春はヤマザクラ、秋は紅葉もよしとの事と、再度来たいと思っています。

1クリックお願いします1クリック頂けると嬉しい
  

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

yanagiran

Author:yanagiran
2002年から押し花アートのHPを開き又、花々・旅行・自然等の写真をBlogへ。パッチワーク・縮緬細工・ガーデニング・オカリナ等と、日々楽しんでいます。

押し花トップ一覧 →


FC2 Blog Ranking →

BLOG RANKING →

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター