Loading…

中垣哲也氏の 「オーロラ・ショウ」

Posted by yanagiran on 26.2009 主婦日記   0 comments   0 trackback
Tag :オーロラ

オーロラ Aurora 

 

 望みが叶い、中垣哲也氏の「オーロラ・ショウ」を見る機会に恵まれました。先日、町内会婦人部の計らいと中垣氏のご厚意で町内会館で行われました。中垣氏は札幌在住の星景写真家で極北のアラスカ・カナダへ何度も撮影に行かれ危険な目にも遭われているようです。Auroraのスライドショーや自然の風景・動植物の写真そして中垣氏のトーク、至福の一刻でした。Aururaは太陽のプラズマ粒子と地球磁場の相互作用で発光するようで、地球の周りにあり、美しき青き地球に降り注ぐなんて素晴らしいし、星も綺麗・・。

1クリックお願いします1クリックお願いします

凍てつく朝、「天からの手紙」が・・

Posted by yanagiran on 23.2009 自然の写真   0 comments   0 trackback
Tag :雪の結晶

南面の窓の結晶 

 

北側の窓の結晶 

 

 冬の嵐で多雪と吹雪、千歳空港も欠航便、交通事故も多発と北国は立春が過ぎても油断はできません。毎日の除雪にホトホト、疲れきってしまいます。でも、凍てつく朝は、雪氷博士・中谷先生の「雪の結晶は天からの手紙である」との名言どおりに、いろいろの結晶がみられます。南側の窓、北側の窓と違った形の結晶、気温と湿度によって形が変わるようです。

1クリックお願いします1クリックお願いします

'09 小樽雪あかりの路

Posted by yanagiran on 15.2009 道内旅行・観光   0 comments   0 trackback
Tag :小樽雪あかりの路 小樽運河

小樽運河に浮かぶ浮き玉キャンドル 

 

レトロな小樽運河 

 

小樽雪あかりの路

 

浮き玉キャンドル 

 

癒しのキャンドル ロウソクのオブジェ 


 レトロで情感あふれる小樽の2月。「小樽雪あかりの路」を多くの観光客がロウソクと雪のオブジェの幻想的で優しい光に癒されていました。小樽運河に浮かぶ浮き玉キャンドルや手宮線会場を飾るワックスボウル等は舞台裏で支える職人技と、そして今年も韓国から50人のボランティアや市民の皆さんで各所にあたたかなロウソクの柔らかい光のおもてなしを尽くされていて感激しました。
1クリックお願いします1クリックお願いします

すすきの氷の祭典 ('09.2.5~2.11)

Posted by yanagiran on 11.2009 地域情報 [札幌]   0 comments   0 trackback
Tag :氷像 すすきの

nika.jpg

 

kujiyaku.jpg 

 

motokurosu.jpg 

 

 さっぽろ雪まつり・「すすきの会場」には100基の氷像が日中は太陽の光で輝き、夜はライトで彩られ繊細さをきわだてています。道内外の調理師たちが技を「氷像コンクール」で競っていますが、どの作品も今にも壊れそうな氷の儚さを持ち合わせた見事な芸術です。
1クリックお願いします1クリックお願いします

第60回さっぽろ雪まつり (大通り会場)

Posted by yanagiran on 08.2009 地域情報 [札幌]   0 comments   0 trackback
Tag :さっぽろ雪まつり 北島康介 上野由岐子 上野雅恵

 北の動物家族 森よ永遠に

北の動物家族 

 

 日本だから、できる。新しいオリンピック!
(ソフトボール・上野由岐子、水泳・北島康介、柔道・上野雅恵さん)

北京五輪で活躍された三選手 

 

 夢 ~Dreams~

夢 ~Dreams~ 

 

 箱館奉行所庁舎

箱館奉行所庁舎 

 

 大通り雪まつり会場 (テレビ塔から、正面は大倉山シャンツェ)

テレビ塔からの大通り雪まつり会場

 

 

 北の厳しい寒さを楽しみに変える雪のイベントが北海道各地で繰り広げられています。「第60回さっぽろ雪まつり」 も大通り、すすきの、つどーむの3会場で盛大に行われ、大通り会場には大・中雪像、氷像、市民雪像と156基がつくられています。テレビ塔展望台からの眺めも素晴らしく、地元にいながら中々登る機会もなかったのですが、2時間も見とれてしまう程、綺麗でした。

1クリックお願いします1クリックお願いします

小雪舞う午後、メタポ予防のお散歩Go!

Posted by yanagiran on 02.2009 自然の写真   0 comments   0 trackback
Tag :キレンジャク ツグミ

キレンジャク (スズメ目レンジャク科)

キレンジャク  

 

ツ グ ミ (スズメ目ツグミ科)

ツグミ

 

 

 コーチャンフォー(書籍店)まで往復7㎞位を今日もお散歩、。小型の方のデジカメを忍ばせ、何か気がかりの被写体はと。しかし、足元はツルツルで鏡の如くアイスバーン状態で、緊張が膝にきて途中から歩くのがきつくなりイヤハヤ、こんな事は始めて・・。途中の公園に沢山の冬鳥がナナカマドをついばんでいました。尾の先が黄色なのでキレンジャクですが、尾の先が赤色のヒレンジャクもいるそうですがまだお目どおりは叶ってません。

1クリックお願いします1クリックお願いします
  

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

yanagiran

Author:yanagiran
2002年から押し花アートのHPを開き又、花々・旅行・自然等の写真をBlogへ。パッチワーク・縮緬細工・ガーデニング・オカリナ等と、日々楽しんでいます。

押し花トップ一覧 →


FC2 Blog Ranking →

BLOG RANKING →

カテゴリー

にほんブログ村

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター